大西印刷HOME > 可変印刷可能なサービス

可変印刷可能なサービス

画像
一般的に受験票の会場案内で印字されることが多いです。地域ごとに会場地図を差し替えていきます。
バーコード
1枚1枚異なるバーコードを印字することにより管理業務の負担を軽減することができます。大西印刷では、お客様の環境に応じた様々なバーコード印刷に対応しています。
個別カラー印字
個別印字部分のカラー表現が可能です。特定の部分をカラーで印字することにより、印字内容にメリハリを付ける事ができます。請求書・督促状・口座振替通知などで幅広くご活用いただいております。
印字(バリアブル)データについて
印字データはエクセルデータ・CSVでの入稿をお願い致します。印刷から圧着加工・封入封かんまでを全て福井工場内にて行っております。詳細については、当社へお問い合せください。
印字データについて

今すぐ相談する

バーコードの種類

JANコード

バーコードは各国、各地域ごとにコードがあります。日本の共通商品コードが「JANコード」です。ヨーロッパは「EAN」、アメリカは「UPC」というものになります。現在はそれぞれ世界共通の商品コードとして利用されています。JANコードは数字のみのデータで13桁または8桁固定です。最後の一桁はチェックデジットとなり必須です。

JANコード

NW-7(CODERBAR)バーコード

数字のデータと6種類の特殊記号をあらわします。スタートストップキャラクタとしてa,b,c,dの文字が利用可能です。

NW-7(CODERBAR)バーコード

CODE39 バーコード

英数字と7種類の特殊記号をあらわすことが可能です。スタートストップキャラクタは「*(アスタリスク)」固定です。
チェックデジットをつけることも可能です。

CODE39 バーコード

CODE128 バーコード

アルファベットの大文字小文字、数字、特殊記号などの表現が可能で、スタートストップキャラクタ、チェックデジットが必要です。

EAN128 バーコード

CODE128の特性を生かした、さらに高密度な情報のバーコードです。

CODE39 バーコード

米国のコードセンター(GS1US:旧UCC)によって開発され、国際EAN協会によって規格承認されたことでUCC / EAN128と呼ばれるコードです。一般にはEAN-128と呼ばることが多く、UPCCASECODEやUCC、EAN(日本)の物流の補足コードとして1989年に採用されました。現在普及しているJANコードや標準物流コード(ITF)の情報に加え、物流情報や商取引情報など、多くの様々な情報を表示できるのが大きな特徴です。

2次元バーコード

通常のバーコードよりもたくさんの情報を持たせることが可能です。同じ情報量であれば、サイズを小さくすることが可能です。読み取りには、2次元コードに対応したバーコードリーダーが必要になります。
2次元コードの代表的なものは最近目にする機会が非常に増えたQRコードです。

QRコード

QRコードは数字のみで最大7089桁、英字・記号のみで最大4296桁、バイナリのみで最大2953桁、漢字のみで最大1817桁までの情報をコード化可能。三箇所の角の四角い目玉が特徴です。
QRとは、「クイックレスポンス」の略でその名の通り高速な読み取りが可能です。

QRコード

フォントの種類

フォントをクリックすると複数のフォントサイズがご覧頂けます。

  • 明朝体
  • ゴシック体
  • 手書きOCR
  • OCR

※上記以外のご希望の書体がございましたらお申し付けください。